心理学講師の歌ったり踊ったり

名古屋の心理学講師いのうえが歌ったり、日々のトラブルに踊ったりしているブログ

酒飲みの(私のための)ハーブ活用法

私の働いているスクールではアロマやハーブも教えていて、学んだことを活かすためにという言い訳をしながらハーブ酒を作っています。

本当は私が飲みたいだけなんやけどね。

evenheartschool.com

 

前回作ったレモンのハーブ酒は、教室に持って行って「まちなかメンタルサポーター養成講座」の夜の打ち上げなどで飲んでいただいてます。

今回はジャムを作った時に余ったブルーベリーを使ってハーブ酒を漬けます。

 

utautai-art-psychology.hatenablog.jp

 

先週スクールで「ブルーベリーのお酒を漬けようと思ってるんやけど、一緒に入れるハーブは何がいいと思います?」と聞いてみたら、

レモングラス美味しいと思う」

「エルダーフラワーもいいよ」

といろいろな意見が出たんですが、結局ブルーベリーの味を活かした方がいいという話になり、今回はペパーミントだけを入れてみました。

f:id:am-share-my-world:20170819225913j:plain

数か月漬けるとブルーベリーの良い色が出るようなんですが、そんなの待ってらんないのでちょっとブルーベリーを潰してます(笑)

おそらく1週間ほどで色も出てくるんじゃないかなぁ。

 

どんな味になるのか楽しみです!

親子ワークショップ

今日は同じスクールでアートセラピーを学んだ先輩kokoanさんのワークショップのお手伝いに来ています。

ameblo.jp

今回は徳重地区会館さんと共催のため、リーズナブルにアートセラピーを楽しむことができます。

 

kokoanさんのワークショップは年に3回開催され、私もお手伝いをさせていただいています。

毎回凄いなぁ思うのが、kokoanさんのワークショップは「安心・安全な場」だということ。

 

もちろん怪我をさせないなどの安全もありますが、何より「心理的に安全」と言うことです。

それはうちの息子を見ていてもよく分かります。

息子は結構人見知りが強く、一度苦手な場だと感じると私から離れなくなってしまうのですが、このワークショップではのびのびと自分のやりたいように過ごしています。

 
f:id:am-share-my-world:20170820131914j:image

こういう場の雰囲気を作ることができるkokoanさん、そしてスタッフの皆さんを見ていると、アートセラピストとしてどのように「ある」といいのか、勉強になります。

そして、毎回子どもたちのあっと驚く発想から生まれた作品を見て、私自身も子どもに返ったようにドキドキワクワクしてきます。

後程、参加者の皆さんの作品も紹介しますねー!

アートセラピーってじわじわ分かってくるもの

私のように毎日何かしら作品を作っていると、割と最近の心境の変化などが出てくることが多いですが、ワークショップの参加者さんの中には数か月先、半年先のことが作品にでてくることもあるようです。

 

数カ月前にあみさんのワークショップで出た、ひっくりかえす、の意味。
ああ、こういうことかと、じわじわ。 

 

3月に開催したワークショップの参加者のお一人から、こんなご感想をいただきました。

f:id:am-share-my-world:20170818221210j:plain

 

(3月のワークショップの様子。コラージュのワークショップの難点は材料が多くなりすぎて写真がキレイに撮れないところ)

 

その方はワークショップ後少ししてご出産されました。

きっと日々慣れない子育てに奮闘しているところなのだと思います。

 

そんな中、3月に自分の作った作品のキーワード「ひっくりかえす」がじわじわと分かってきた様子。

何が分かってきたのか、今度お会いした時にゆっくり聞いてみたいと思ってます。

 

 

コラージュ日記ワークショップ

日時:8/29(火)13:00~15:00

場所:(社)日本イーブンハート協会サロン

   (名古屋市営地下鉄 一社駅より徒歩5分)

参加費:3,000円

お申込み:下記リンクより

 

コラージュ日記ワークショップ